安全のエキスパート「運行管理者」の有資格者が在籍

安全のエキスパート【運行管理者】

運行管理者とは

運行管理者とは、貸切バスが安全に運行できるよう様々なことを管理をする人のことです。
「安全に関するエキスパート」と言っても過言ではありません。
(実は全国貸切バス予約センターのブログでおなじみ、貸切バスの達人もこの資格を持っています。)

運行管理者になるには、基礎講習を受けて国家試験に合格する必要があります。
所有するバスの台数にもよりますが、各営業所ごとに最低2人は選任をしなければなりません。

では、運行管理者とはどんな仕事をする人なのでしょうか?

運行管理者の仕事

運行管理者は主に次のような仕事をします。

〈乗務員の指導監督〉

安全に運行するために、定期的に乗務員に対しての研修を行います。

〈乗務員の勤務時間の管理〉

法律で決められた勤務時間の則り、乗務員の勤務日数と時間を決めていきます。

〈運行指示書の作成〉

運行期間、出発地および目的地、運行時間、休憩時間や休憩場所、
その他運行に際して注意する点などを記載した書類を作成します。
この運行指示書を元に当日運行することになります。

〈点呼〉

乗務員の健康状態を目視等で確認するほか
酒気帯びの有無をアルコール検知器を用いて確認します。
また、運行に際する注意事項の確認や道路の混雑状況や工事、
交通規制情報及び気象状況等を踏まえ、スムーズに運行できるよう指示を出します。

〈天災、異常気象の対応〉

乗客の安全を最優先に考え、安全に運行するために必要な措置を行います。
運行管理者が危険だと判断した場合は、運行を中止する場合もございます。

その他にも各記録の作成や保管、休憩・仮眠室の管理、
事故の対応と防止策に関する措置、事業者への助言等その業務は多岐にわたります。

全国貸切バス予約センターの安全へのこだわり

先程お伝えしたとおり、全国貸切バス予約センターには「運行管理者」の資格を持ったスタッフがいます。
それは安全に対して強いこだわりを持っているからです。

弊社スタッフも日々勉強し、安心安全に運行できるようバス会社と協力して手配を行っております。
貸切バスのことは安全のエキスパートがいる弊社にぜひお任せください!

お見積もりのご依頼は、「メール」「FAX」「電話」の3つの方法があります。

WEBと電話1,000円OFF!

弊社の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対策について ▶詳細はこちら