リフトバス・トイレ付バスとは

リフトバス・トイレ付バスについて

リフト付バス

リフト付バスとは、車いすに乗ったまま乗降・観光できるバスです。
デイサービスや老人ホームなどで遠足や旅行に出かける場合など、自力歩行が困難で車いすの方がいらっしゃるときは、リフト付バスが便利です。

電動リフトとなっておりますので、力もいらず楽々乗降できます。
もちろん、乗降の際は乗務員がサポートさせていただきます。

リフト付きバスには大型バスからマイクロバス、小回りのきくミニバス(ジャンボタクシー)まで様々な種類があり、
テレビや冷蔵庫などの設備やサロンタイプのバスもあります。
車内に車いすを固定する場合のスペースは車種やバス会社によって異なり、1台から4台分のスペースのバスが多いようですが、最大6台分のスペースがあるバスもあるようです。
但し、バスの仕様によっては車いすの固定スペースがない場合もございます。

リフト付バスを所有しているバス会社は都道府県によって異なり、所有台数も少ないので、お早目にお問合せ下さい。

バスタイプ乗車可能 車いす台数正席
ミニバスタイプ(ジャンボタクシー)1台2名
マイクロバス1〜2台〜20名
中型バス1〜4台〜20名
大型バス1〜5台〜25名

※リフト付バスなどの特別仕様の場合、割増料金が加算されますので予めご了承ください。

トイレ付バス

バス車内にトイレが付いており、「トイレが近いのでバスで旅行に行くのが心配」という方にお勧めです。
しかし、バスの車内にトイレを設置することにより、通常タイプのバスよりも座席数が少なく、清掃に手間がかかるため料金が高くなります。
そのため、保有しているバス会社は多くありません。
また、トイレが付いてるバスは大型バスがほとんどで、小型・マイクロバスにトイレが付いてる車両はありません。

貸切バスの運行に際しては、4時間毎に30分の休憩をとることが法律で定められており、通常2時間に1回15分の休憩をとります。
心配であれば、1時間ごとに休憩を取ることも可能で、一般的なバスツアーでは、だいたい1時間30分ごとにトイレ休憩を取っているようです。

トイレが付いてるバスは、途中でトイレ休憩が不要になる為時間も短縮されると思われがちですが、
上記の内容を踏まえると、料金の高いトイレ付きのバスを借りるよりも、
通常タイプのバスを借りてこまめにトイレ休憩を取る方がオススメです。

 

お見積もりのご依頼は、「メール」「FAX」「電話」の3つの方法があります。

WEBと電話1,000円OFF!

弊社の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対策について ▶最新情報はこちら