中型バスはどんな人がどんな時にレンタルすればいい?

中型バスってどんなバス?

貸切バスの達人が教える!【中型バスはどんな時にレンタルすればいい?】

こんにちは。
全国貸切バス予約センターで日々配車を担当している
貸切バスの達人がお伝えする!
かしこいバスの使い方シリーズ!

今回は、中型バスってどんなバス? をご紹介します。

第一弾はこちら ▶ マイクロバスと小型バスの違いって?

よく問い合わせがあるのは「20~30名くらいなので中型で!」というもの。

そこで、皆様に大人気の中型バスの特徴をお教えします!

<中型バスの基本情報>

大型バス程の乗車人数に満たない場合にお勧め。車内の設備も大型バスとほぼ同じです。
後部座席はサロンタイプに出来るもものもございます。

<中型バスの乗車人数>

約20名~28名まで

<中型バスはこんな時にお勧め>

・少人数だが、荷物が多くゆったり移動したい。
・大型バス程の人数はいないが、長距離の移動がある。など

<中型バスの設備>

テレビ・冷蔵庫・DVD・ETC

基本的には大型バスをちょっと小さくしたようなカンジをイメージしてもらえればいいかと思います。

さて、次に座席数に関してお教えします!

<中型バスの座席数>

・正シート27~28席+補助なし

基本中型バスといえば、このタイプになります!

ただし、同じ中型バスでも、こんな座席数も…
・正シート33席+補助7席

「どうせ同じ中型なら、座席数が多いほうがいい!」
そう思われる方も多いのではないでしょうか?

ちょっと待ったーーーー!!!!!!!

バス代金は一緒でも有料区分が違うのです。

・正シート27~28席+補助なし ⇒ 大型区分
・正シート33席+補助7席 ⇒ 特大区分(大型と同じ!)

 

具体的にどのくらい差が出るかというと…

例》『東京駅』⇒『三井アウトレットパーク木更津』
・正シート27~28席+補助なし(大型区分):片道7,130円
・正シート33席+補助7席(特大区分):片道11,090円

 

その差、往復で 7,920円!!

そのうえ、大きさは同じなのに座席数が多いので、中型33席はちょっと狭めです。

それに中型バスは取り扱い台数が少なく、比較的古いバスも多くなっています。

もちろん弊社で提携しているバスは、きちんと整備されている清潔感のあるバスなので安心してください(*´∀`)b

なので、中型バス33席は、とにかく安く済ませたい学生さんには人気ですが、
一般の方は28名超えると大型バスを利用されます。

さて、一番多く利用されている ▶ 大型バスのお話 はまた次回!
お楽しみに~♪

 

お見積もりのご依頼は、「メール」「FAX」「電話」の3つの方法があります。

WEBと電話1,000円OFF!

弊社の新型コロナウィルス感染症(COVID-19)への対策について ▶詳細はこちら